ABOUT
ご紹介

タップイン広島は1999年4月、日本のタップダンス界の第1人者である、加藤邦保氏(TAP IN 東京)の指導とアドバイスのもとに創設されました。ニューヨークのヘンリー・ルタン、フィル・ブラックのスタイルをベースに、初心者からプロを目指す方にも対応する、充実したレッスンカリキュラムを提供しています。タップのほか、ジャズダンス・バレエ、HIPHOP、HOUSEと幅広いプログラムも用意。表現力、想像力、精神力を付けるため定期的に舞台公演も行っています。 「ダンスは全くはじめて」、「とにかく何か始めてみたい」という方も大歓迎!
見学や体験も随時行っています。

タップイン広島

目指しているのは、踊る人も、見る人も楽しいシアタータップ

1980年広島音楽舞踊研究所(現在STEPS)に入会。 ジャズダンスを明石あさ子に師事し、子供ミュージカルに力を注ぐ。
1989年に広島のTAPの草分け、故芳岡昌平氏に師事し、リズムの大切さを教わる。 1991年、加藤邦保氏に師事し、アンサンブルタップに興味を持ち現在にいたるが、 完成度の高いシアタータップを目指している。
子供ミュージカルにタップを取り入れたらおもしろいのではというのが、このスクールを開いたきっかけです。
タップでもジャズでも基礎が大事。基礎をしっかり身につけておかないとリズムキープができません。
教室では初心者はもちろん、上級者でも基礎をしっかり指導しています。
目指しているのは、タップ、ジャズ、歌などいろいろな要素を取り入れたシアタータップ。一つの舞台を作り上げる楽しさは格別です。
ダンスのテクニックだけでなく、想像力、感受性、精神力、そして何より自分自身に自信がつきます。
踊る人も、見る人も、みんなが楽しめる舞台を作っていきたいですね。

タップイン広島代表岩室 朱美

岩室朱美

私の仕事は生徒に自信を持たせること

僕がタップダンスを始めたのは25歳。映画「ザッツ・エンタテインメント」を見たのがキッカケです。
フレッド・アステアやジーン・ケリーの踊るシーンは本当に素晴らしかった!タップダンスってビートを重視するリズムタップとか種類がいろいろあるけれど、僕が目指しているのは「ザッツ・エンタテイメント」のようなシアタータップやミュージカルタップ。踊っている人も楽しくて、見ている人も楽しんでいただけるようなタップダンスが一番だと思います。せっかくタップダンスのレッスンに来ているのに、楽しく踊れないのでは意味がないでしょ。だからレッスンに来てもらった人が「楽しかった!またタップを頑張りたい」と思ってもらえるような指導を心がけてます。幼児から年配の方まで、タップダンスに年齢制限はありません。ステップだけではなく、全身で躍動感を表現して、舞台で踊る楽しさをぜひ体験してみてください!

about_02about_05about_03about_04

加藤 邦保

1950年、北海道生まれ。演出家、振付師。 堀内完氏に師事。タップを、故児島日出男氏、中村弘子女史に師事。
タップダンス専門のスタジオ『TAP IN』を創設して25年。 '90年、 JAMTAPDANCECOMPANYを結成。
日本で初めてアメリカのタップの巨匠ジミー・スライド氏を3度にわたり、 招聘し、創り上げた舞台は創造性豊かな作品と高い評価を受けた。また、指導者としてもその人望は厚く、札幌、仙台、金沢、福岡、広島にも指導者を生み出し、自らも全国をかけまわっている。タップイン広島定期公演の演出も手掛け、大好評を得る。